Windows 2000 - NetMeeting でリモートデスクトップ環境の構築

Posted Tue Nov 27 2012

今更,Windows 2000 を使うことはあまり無いと思いますが,先日 Windows 2000 でリモートデスクトップ環境を構築しようとしたことがあって通常のリモートデスクトップが使用出来ませんでした.そのときのメモです.

調べてみると,Windows 2000 ではリモートデスクトップ機能を利用するために NetMeeting というソフトを利用する必要があります.

クライアント,ホストどちらかが Windows 2000 の場合にはこのソフトを利用してリモートデスクトップ環境を構築する必要があります.

1. NetMeeting の起動方法

[スタート] -> [ファイル名を指定して実行] -> "conf" と入力 -> [OK],姓名とメールアドレス(後で変更できます)を適当に入力しウィザードを終了すると,NetMeeting が起動します.

2. リモートデスクトップの設定

[ツール] -> [リモートデスクトップ共有],初回起動時にリモートデスクトップ共有ウィザードが開始されます.ウィザードに従ってパスワード保護されたスクリーンセーバーを有効化します.

完了するとアイコンバーに"NetMeeting Remote Desktop Sharing"が表示されます.NetMeeting を終了し,上記アイコンを右クリックし,リモートデスクトップ共有をアクティブにするをクリックします.

以上でサーバ側の設定は完了です.

3. クライアントからの接続

クライアントから1. と同じように NetMeeting を起動し,[通話] -> [通話先]

通話先:リモートで接続するPCのIP
通話方法:ネットワーク
この通話をセキュリティで保護するにチェックをいれます

上記設定後,"通話"をクリックするとリモートデスクトップが開始されます.