財布をなくした時にするべきこと

Posted Tue May 21 2013

先週の金曜日に人生で初めて財布をなくしましたw土日前,金曜飲みがあったので2万くらい現金が入っていたのですが...その時にやったことをメモっておきます.

1. 警察に届け出る

まず警察に届出ます.最寄りの交番で OK です.ただ管轄とかあるので,財布を落としたと思われる管轄内で届け出たほうが早く連絡がくるかもしれません.

警察に行くと,遺失届けというものを書きます.名前,住所,電話番号,落とした時間や場所,財布の特徴(2つ折りとかブランド),財布の中に入っていたもの(お金の金額(千円札何枚とか),免許証,クレジットカード)などを記します.

記入が終わると管轄署?に受理番号を問い合わせてくれて,遺失届けの受理番号の入ったメモをくれました.

再交付の際に警察への届出の有無や受理番号を聞かれることがあるので届けでは最初に済ましておきましょう.

2. 運転免許証の再交付

都内だと再交付を受けるためには規定の運転免許試験場に行く必要があります.府中,鮫洲,江東の3箇所のようです.交番で届出をした際に案内をくれました.受付時間は8:30?16:30です.ただし,更新を伴い即日交付をする場合は受付が8:30-13:30なので注意です.

手順としては,写真を貼った再交付申請書を提出,手数料の支払い写真撮影,交付となります.撮影後交付まで40分から1時間程度かかりました.費用は申請用の写真代700円と再交付の手数料3600円の計4300円かかりました.

3. 健康保険証の再交付

私はサラリーマンなので,会社の担当部署に問い合わせをしました.うちの場合は必要書類に記入後,即日発行出来ました.注意事項として,前の保険証が見つかった場合,古い保険証を破棄せず返却するように言われました.再発行費用として500円かかりました.

4. キャッシュカードの停止・再発行

キャッシュカードは銀行ごとに対応する必要があります.まずは"銀行名 キャッシュカード 紛失"などで調べてください.停止,及び再発行の手順・サポート電話が出てきます.停止時には通帳が無くても大丈夫ですが,通帳があったほうが支店名や口座番号がわかり,手続きがスムーズに進みます.ない場合本人確認などで時間が多少かかります.

再発行の手順は,書類を郵送してもらい提出するものや店頭で再発行手続きをするものがあります.

意外とキャッシュカードが無いと不便です.私は金曜に財布を落とし,土日にお金を下ろそうとしたのですが通帳では ATM で下ろせないことに初めて気づき焦りました.10万程度入った別口座のキャッシュカードが家にあってたまたま助かりました...

5. クレジットカードの停止・再発行

クレジットカードは会社ごとに対応する必要があります.まずは"カード名 紛失"などで調べてください.停止,及び再発行の手順・サポート電話が出てきます.停止後・再発行が可能です.再発行には手数料がかかった気がします.再発行は1週間から10日程度かかるとのこと.再発行の場合には前のカードが使えなくなります.

ビックスイカカードなどのクレジットカードとビックカメラのポイントカードが一緒になっているようなカードの場合は,カードの停止とポイント使用の停止のふた手間必要です.ポイント使用再開は発行後,店頭で手続きが必要などいろいろとめんどくさいです.

6. ポイントカードの停止・再発行

この辺になってくると,電話につかれどうでもいい気がします.そもそもどのカードが入っていたか覚えてない部分があり,この辺は手続きをほとんどしませんでした.唯一 ANA と JAL のポイントカードだけは飛行機に乗るときにも使う & マイルが溜まっていたので手続きをしました.

考察

今回の出来事から,口座やカードの分割について考えさせられた気がします.1箇所に集中させておくのが楽なのですが,中にはほとんど使っていないカードも財布の中に入っていたりします.そういうのを別管理しておくといざ問題が起こった時に助かります.

あと私は財布が汚くならないように小銭入れを別に持っているのですが,小銭入れが一緒になってないと,落とした時の音・重量が小さく気づきにくいというデメリットもありますね.

まとめ

今回は,お酒に酔っているときになくしたのですが,改めて酒を飲んでも飲まれないことの重要性に気づきました.無くなったショックは大きいですが,今は新しいを財布を買えるというポジティブ思考で考えるようにしています.

ちなみに5/21現在まだ見つかっていません.