ピアノ・レッスン 94

Posted Tue Aug 05 2014

August 4, 2014 19:30 - 20:30 @ 池袋

MOZART Twelve Variations on "Ah, vous dirai-je Maman" KV265 モーツァルト きらきら星変奏曲

VAR.Ⅴ

  • 大体いい感じ
  • 最初の部分の左手転ばないように

VAR.Ⅵ

  • 左手の親指をくぐらす部分は手首を動かさないように

VAR.Ⅶ

  • 右手の最初の部分は滑らかに
  • 親指をくぐらす部分は手首を動かさないように
  • くぐらせる前の音を大事にして,親指をギリギリまでくぐらせる

VAR.Ⅷ

  • 曲調が変わるので,最初の右手の部分は密やかに話す感じ
  • 9小節目の右手は後半の3音を大きく
  • 11小節目の1音目は大きくならないように
  • ソラソを目立たせるように
  • 13小節目からの左手は f で思いっきり

VAR.Ⅸ

  • 右手はの強弱をしっかりつけて,2分音符の部分
  • 5小節目ファは短くならないように
  • 6小節目のドは跳ねないように
  • 9小節目からの右手は軽く
  • 12小節目の1-2音目で強弱をつけて,2音目を弱く
  • 22小節目の右手の1音目も跳ねないように
  • 23小節目の右手は上の音を目立たせるように

VAR.Ⅹ

  • メロディが聞こえるように
  • 4小節目からの和音はバラけないように

VAR.Ⅺ

  • 5小節目の右手の2音目はスタッカートにならないように,トリルは早く
  • 8小節目の1拍目はもっと音量を出して,後半の音とバランスをつけて
  • 10小節目の右手は後半の音を抜くように弱く
  • 特に3回目の最後の音が大きくならないように

VAR.Ⅻ

  • 左手部分は4音つながりでなく,2音単位でも拍が合うように
  • 9小節目からはリズム練習をするように
  • 右手は全部,左手だけアクセントをつける音を弾いてアクセント部分が合うように
  • 17小節目の入りは遅れないように
  • 27小節目の右手の2拍目は弾かないように
  • 28小節目から最後までは完成度が低いのでよく練習してくるように
  • 32小節目からの左手は f で
  • 4分音符 = 92 を目標に

引き続き練習あるのみです.もう少し体全体を使って表現できるようになりたいです.