ピアノ・レッスン 3

Posted Thu Jul 26 2012

July 26, 2012 19:00 - 20:00 @ 池袋

HANON PIANO SCHOOL 2 P8, 9

前回宿題だった,ト長調のスケールとカデンツ,アルペジオを弾く.実は本当の宿題はヘ長調(F Major)だったんだけど,間違ってやっていってしまった.先生としては♯じゃなく♭からやらせる方針のようだ.

アルペジオについて前回同様指摘を受ける.

  • 右手でレからファにいくとき,指番号としては3->1で,親指をくぐらせないといけないんだけど,このとき手の甲が斜めになっちゃう(手首が右側にきちゃう)
  • このとき斜めにならないように

やっぱ,この手の感じが難しい.そしてレッスンの最初にまずハノンをやるんだけど指が震えるんだよねw緊張のせいか?w

宿題

  • P16,17 ヘ長調(F Major) スケールとカデンツ,アルペジオ

THE OLDER BEGINNER PIANO COURSE by James Bastien 年長者のためのピアノ入門 P18-28

まずは前回の宿題から

  • P22 メリーアン -> OK
  • P23 クレメンタイン -> OK
  • P25 ラベンダーのブルー -> OK
  • P26 愉快で、いいやつであるために -> NG
  • P27 ロック -> NG

最後の2曲はやっぱ弾きこみが足らなかった.次回まで、また練習してくるように言われた.

P29 ユニット4

臨時記号:

♯(シャープ)

  • 音符の前に♯があった場合,右隣のキーを弾く
  • 黒鍵かもしれないし白鍵かもしれない

♭(フラット)

  • 音符の前に♭があった場合,左隣のキーを弾く
  • 黒鍵かもしれないし白鍵かもしれない

?(ナチュラル)

  • ♯や♭を取り消す
  • 元のキー(白鍵)を弾くことを意味する
  • 次の小節でも念を押すために使われる

臨時記号は小節内に適用される.

エンハーモニック(異名同音)

  • 同じ音であるが,書くときに異なって見える音の事
  • ex) F♯=G♭

調号

  • 譜表の先頭にある♯♭を調号という
  • 調号は曲全体に対して適用される
  • 曲の主音

ト長調(G Major)

  • 最後についている♯の音名はF
  • F♯ = G -> G Major

ト長調の和音

  • 和音の基本形は1音飛ばしで3音,1音飛ばしで4音使うときは7th(セブンス)がつく
  • 和音は調号によって変化する
  • というのも和音は主音をベースに構成されるため,ト長調の場合は G が主音になる
  • ということでト長調の和音は G を主音としてⅠから和音を構成する

和音を考えるときは,長調(主音と調号)と和音の度数と弾きやすさを加味した指配置の変換を考えると,必然的に形が定まる.非常にシステマティック.

ただし,注意があってコードが変わる.ハ長調の場合には Ⅰの和音 = C, Ⅳの和音 = F, Ⅴの和音 = G だったんだけどⅠの和音のコードが C だったのは C をベース(根音)として構成されるからト長調になったらベースが G になるからⅠの和音のコードは G となるわけだ.

ちょっとややこしい感じもするんだけど,規則性から考えるともっともな考え方だと思う.

宿題

  • P26 愉快で、いいやつであるために
  • P27 ロック
  • P30,31 土曜日の夜, ブルース長のムード, お出かけ, 年老いた馬

言われたこと

  • 椅子の位置について,ちょっと高くない

    • ちゃんと直したつもりだったんだけど(高さを変え難い椅子)
    • 腕と鍵盤の並行性を確認してなかった
    • 今度からは腕と鍵盤との並行性を考えて最初に調整する
  • 弾き方が弱いよ,弱く弾くところもちゃんと鍵盤を最後まで叩いて
  • 基本的に1拍目を強くするよ

    • だから3拍目から入る曲の場合には,次の1拍目は必然的に強く弾く
  • スラーを意識して歌うように,なめらかに強くするところを意識して
  • 体ががっちがちだで,手だけで弾いてるよ
  • 強く弾くといっても,ただ指だけで強く弾くんじゃなくて体重をかけるイメージだよ
  • 鍵盤を叩いて立ち上がるような感じ,体重がかかるでしょ
  • 体重をかけることを意識した場合,右足をちょっと前に出すといいよ
  • 右足に体重をかける
  • 右手は反時計周り,左手は時計回りに手首を回すようなイメージでなめらかに弾いて
  • 左手と右手のバランスを考えて
  • 左手は右手より弱く
  • 1拍目を強めに弾くとか,体重をかけるイメージで弾くだけで,すごく曲の感じが良くなるよ
  • 和音は同時に押してね,バラつかないように
  • 和音を連続で弾く曲は,鍵盤をつかむようなイメージで

ピアノ難しいな.なんかどれも並行して常に意識しなくちゃいけなくてどれか1個を意識すると,他が疎かになるんだよね.

今回は前回のレッスンとの間隔が短かったっていうのもあるんだけど練習時間少ないかもな.平日は毎日,なるべく45分は弾くように心がけてたんだけど,できたら45分x2くらいやるといいかも.

基本的なレッスンのスタイルは教本に沿って自分が弾いてって横から先生に指摘を受けたり,こんな感じで弾いてって軽く弾き方を提示される感じなんだけど.今日先生がちゃんと座って弾くところを確認して,洗練された美しさを感じた.今まではプロの手の感じだけ見てたんだけど,今度からは全体の動きや形,弾き方を意識して動画を見ることとする.

そして,こういった細かな指摘を毎回受けられる点を考えるとグループレッスンではなく個人レッスンを選んで正解だったと思う.