ピアノ・レッスン 12

Posted Mon Oct 01 2012

October 1, 2012 19:00 - 20:00 @ 池袋

HANON PIANO SCHOOL 2 P26, 27

前回宿題だった,ホ短調(E Minor) スケールとカデンツ,アルペジオを弾く.

今回からテンポが早くなったのですが,本番ではアルペジオがちょっとしんどかったけど何とか弾けました.

宿題

  • P28,29 ロ短調(B Minor) スケールとカデンツ,アルペジオ

THE OLDER BEGINNER PIANO COURSE by James Bastien 年長者のためのピアノ入門 P75-83

まずは前回の宿題から

  • P75 テーマ (モーツァルトのソナタ イ長調より) -> OK
  • P77 大きな氷砂糖の山 -> OK
  • P77 8時のロック -> NG

    • この曲はほとんど練習してなかったのでしょうがない
  • P80-81 波をこえて -> NG

    • きれいに弾けていると言われたのですが,せっかくなので
  • 音の強弱や細かい所を意識して,もう1度弾いてきてと言われました

言われたこと

  • テンポがずれることがる

    • 前回から言われているんだけど,スラーの終わりから次のスラーに入るときや,スタッカートの所でテンポが早くなっちゃう
    • この辺は日常的にメトロノームを使って意識する癖を付けないと何だと思う
  • フェルマータの後は通常のテンポに戻して,フェルマータを引きづらない
  • 前回の指摘を受けて,すごく音が綺麗で優しく弾けているんだけど,音に強さが足りない

    • フォルテはもっと力強く,叩ける限り強く
    • 曲の中での拍と強弱を意識して弾いて
    • ペダルの離し方に気をつけて
    • ペダルを離すときに,音が残らないように
    • ペダルをすべて離しちゃうと,ペダルを外す音がなってしまう
    • これが鳴らないで,音が響かなくなるところが,ペダルを外す一歩手前にある
    • そのギリギリのところで止める感じ,MTの車のクラッチみたいな感じですね
    • ペダルは打鍵と同時に離す

宿題

  • P77 8時のロック
  • P80-81 波をこえて
  • P82 エリー運河
  • P83 スラブ行進曲

最近結構弾けるようになってきたので,今回から追加でもう1冊ハノンをやることになりました.教本は下記のやつです.

先生曰く,前からやっていた HANON PIANO SCHOOL 2 のほうは曲の調を覚えてもらいたいというのと,指の練習としてやらせていたみたいです.今回から始めたハノンで指の素早い動きをマスターさせ,テクニックの幅を広げていこうという意図らしいです.

HANON PIANO SCHOOL 1 P6, 7 1-2, 5-4 指をひろげる練習

言われたこと

  • HANON 2 と違いこちらは一定の音量で弾く
  • それぞれに強弱を付けないように一定の音量で
  • 打鍵するときの指がちょっと立ちすぎてる,もっと鍵盤と平行に平らにして
  • 練習パターン A でスタッカートが入ってるんだけど,このタイミングでテンポが早くならないように

宿題

  • P6, 7
  • 基本: 4分音符 = 60, 80
  • 練習パターン A : 4分音符 = 60
  • 練習パターン B : 4分音符 = 60(72)

前回の宿題からペダルを使ったものがあったんだけど,ペダルを踏み出すとピアノ習ってる感がでますねw

今回から出された,ハノンとかが出来上がってくると指使いとかも早くなって,いろんな曲が弾けるようになるのかなぁと思うと楽しみです.

集中してレッスンを受けると,ものすごく疲れるのですがすごいストレス発散になって気持ちいいです.私に合っていたのかもしれません.